スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
断乳の記録☆その2
夜中の12時頃、私も寝ようと思って布団に入ったら…
隣の息子がついに泣き出した焦る3
ヤバイと思いつつ、トントンや抱っこ。
抱っこでウトウトはするものの、全く寝てくれずギャン泣き。・゚・(*ノД`*)・゚・。

そして格闘する事1時間ダウン寝ていた旦那もさすがに起きて、「ヤバくない?」と言ってきました。
そりゃヤバいよ、断乳してるんだもん怒
私は色々調べてこうなる事を覚悟してたけど、旦那は全く断乳の知識がないワケで…(最初に話して理解してもらわなかった私が悪いか落ち込み)

「協力してよ」と言うと代わりに抱っこしてくれましたが、仰け反って泣く息子を前に何分もしないうちに「無理…」怒
旦那は「いきなり止めるの?徐々にでいいんじゃない?」
なんて言ってきましたがせっかく1度おっぱいも飲まずに寝てくれたし、私はこのチャンスを活かしたかったんだよね。現にもう1時間も泣かせてるから、ここで止めたら逆に息子が辛くなる!と思ってうるうる

「仕方ないよ。そんな簡単に泣き止むわけない。」
「みんなこうやって断乳してるの。」
なんて言ってたら旦那が「俺が悪いのか?」と言い出し、
「誰もそんな事言ってない!!」
「私の気持ちも分かってよ!」と言い合いに。

そんな喧嘩も面倒くさいし、もうイライラでやけくそで
「じゃあもういいよ、おっぱいあげるからえーん
旦那「いいよ、みんなこうやってるんだろ?怒
と、こんなやり取りを数回し、最後には旦那から息子を奪うようにして結局おっぱいをあげてしまいました。

断乳に失敗した事。
息子をこんなに泣かせてしまった事。
旦那と言い合い。
なんだか頭の中がぐちゃぐちゃで、添い乳しながら泣いてしまいました。
ひっくひっくしながら目を閉じおっぱいを飲む息子。
かわいそうだけど、今回せっかく少しおっぱいから離れられたので、なんとか卒業してもらいたい。

こんな感じで、初日は見事に失敗に終わったのでした。

まだまだ断乳日記は続きますえーん




スポンサーサイト
【2008/03/03 22:34 】
息子のこと | コメント(3) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。